前へ
次へ

売却を依頼する不動産会社を選ぶ際の注意点

大切な不動産を売却したいと思う場合、後で後悔するといった事態を避けるためには依頼する不動産会社を賢く選ばなければなりません。
十分注意しておきたい一つの点は、一社のみに査定依頼をして不動産を売却してしまうのではなく、複数社に見積りを依頼するべきであるということです。
このように相見積りを依頼する際にも、単なる口頭ではなく、査定書を必ずもらうようにするのが失敗しないためのポイントと言えます。
相見積もりを取る際に、正式な見積り金額をきちんとした書面にしてもらうようお願いしてみますが、仮に書面にして渡すことはできないと言われた場合は、その会社には依頼しない方が無難であると考えられています。
また不動産会社選びでもう一つ念頭に置いておくべき重要なポイントは、税金や相続といった複雑な問題が関係している物件を売却する場合は、そのような種類の物件を専門に扱っている不動産会社に依頼するのがベストであるということです。

Page Top